オン ザ・ブロックチェーン

ビットコインの発行限度額と半減期について

calendar

スポンサーリンク

ビットコインの採掘

 マイニングに成功すると、報酬としてビットコインをもらうことが出来ます。誰の手垢もついていないまっさらなビットコインを手にすることが出来るのは、マイニングに成功したマイナーだけの特権です。

 ビットコインの発行限度額は約2100万BTCと決められています。

 元々埋蔵されている約2100万枚のビットコインを、マイナーが少しずつ掘り出しているような状態です。今、流通しているビットコインは全てこれまでにマイナーが掘り当てたものです。

 記念すべき一つ目のブロックのマイニングに成功したマイナーには50BTCが支払われています。2009年1月3日のことです。これはもはや伝説の人物となったサトシナカモトが受け取っているはずです。
※サトシナカモト・・ビットコインを作ったと言われている謎の人物

 この当時、ビットコインのことを知っているのはサトシナカモト以外には数人程度しかいなかったそうです。50BTCもらえるとは言え、ただ所持できるというだけで何の価値も無かったことを思うと面白いですね。

新規発行の半減期

 1つ目のブロックから210,000番目のブロックまでは、マイニング報酬としてそれぞれのマイナーに50BTCが支払われています。

 210,001番目のブロックからは25BTCと、その報酬額は半減されています。

 この報酬額の推移はあらかじめ決められているもので、21万ブロックごとに報酬は半分になります。

 マイニングは1ブロックにつき約10分程度の時間がかかるので、21万ブロックがマイニングされるのにおよそ4年かかることになります。マイニング報酬はおよそ4年ごとに半減期を迎えると言えます。

 半減期の前後ではビットコインの価格が上がる傾向にあると言われています。

 ちなみに、次の半減期は計算上では2020年6月頃だと言われています。

参考Bitcoin Block Reward Halving Countdown

ビットコインの発行限度額

 2017年9月現在で、マイニング報酬は12.5BTCとなっており、およそ49万個弱のブロックが生成されています。もう既に総埋蔵量の80%近いビットコインが発行されている計算になります。

参考BLOCKCHAIN

 ビットコインの最小単位は1satoshi(0.00000001BTC)なので、それ以下に半減された時点でビットコインの新規発行は終了となります。6,930,000番目のブロックが最後の新規発行です。

ブロック 発行額(報酬)
1 ~ 210,000 50BTC
210,001 ~ 420,000 25BTC
420,001 ~ 630,000 12.5BTC
630,001 ~ 840,000 6.25BTC




6,720,001 ~ 6,930,000 0.00000001BTC

 その時点で、約2100万BTC(僕の計算によると正確には20,999,999.99511055BTC)のビットコインが全て掘り出されて、ビットコイン埋蔵量は0になるということです。

 ちなみに、最後のビットコインの発行は計算上、120年以上先になります。最後の1satoshiはプレミアが付くかも知れませんね。マイニングに挑戦してみようかな♪(死んでる)

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




管理人

Nobuo

Nobuo

仮想通貨に興味があるただの人です。モナコインが好きなのでMonazon.jpを作りました。よろしくです。